WEB制作を行う人々は、多種多様な世の中の変化とともに、猛スピードで変わり行く様々な社会の仕組みの中で、常に新しい技術や知識を取り入れながら、WEB制作に携わっています。インターネットやデジタル技術が出現した事で、アナログ的な社会が、一気にデジタルの社会に変化と遂げた時代がありました。そのような時代背景から、デジタル技術に関する知識をもたない技術者や職人さんの多くのが。職を失うという背景も少なからずありました。アナログ的な技術とデジタル的なテクノロジーには、蓄積しなくてはならない技術や知識に、大きな隔たりが存在したからです。現代に生まれ育ち、デジタル機器やそのような技術が当たり前の世の中に育った世代の人々にとっては、当然のごとく当たり前の事柄が、アナログ的な社会を生きて来た人々にとっては、衝撃的な技術革新であったのです。多くの人々がその知識や技術の習得に苦労し、長年務めあげた職場を、去らなくてはならない時代背景もあったようです。世の中の多くの現場がアナログ的な機器からデジタル機器を導入する事で、それらの知識を持たない人々は、社会の変革に追い付く事ができずに、以前とは全く異なる異業種へと転職する人々も多くみられたと聞きます。現代におけるWEB技術も、めまぐるしくその形態や仕組みを変化させていく為に、第一線で活躍するエンジニアやプログラマーなどは、業務とともに、その変化に追いつく知識や技術を得る事で、めまぐるしい生活を送る事になり兼ねないとも聞きます。WEB制作とは、様々な社会のしくみの変化とともに常に猛スピードで変貌と遂げている媒体でもあるのです。
現代社会の中では、当たり前のように人々が、スマートフォンを操作し、明日の天気を調べ、次に乗車可能な電車の時刻を調べ、友人らとはその場にいるかのような会話をコミュニケーションアプリの中で繰り広げ、朝起床してから夜床に就くまでの間、人々は、スマートフォンを手放さす事はありません。スマートフォンは、まるで人々の身体の一部かのような扱いを受ける、特別なデバイスとして大きな活躍をみせています。そのような活躍の裏側では、様々な人々にとってのデメリット的な部分も指摘されています。・依存症・いじめ・プライバシーの流出・ながら操作 など大きな社会問題に発展しているケースもみられます。「依存症」による、生活環境の乱れから人生設計を失ってしまうような人々もいるようです。また、公の人々の目の行き届かない隔離された環境の中で、コミュニケーションが行われるがゆえの、学内や職場や様々なコミュニティの中の「いぢめ」や攻撃に、自殺者などが出ている現実もみられます。WEB上への「プライバシー」の流出は、一瞬であっても全世界に広がってしまう可能性を秘めています。多くの人々が遊び心で流出させた画像や情報が、知らぬ間に世間の人の目にさらされているような現実に出逢う事もあるのです。そして、スマートフォンの「ながら操作」による交通事故などの発生には、使用している本人だけではなく、多くの人々を巻き込んでしまうような危険性も秘めています。急速に普及したモバイル端末機器は、その便利性から、多くの人々が手にするようになりました。その普及とともに、本来はマナーや規則的な使用方法も同時に普及されるべきであったのですが、マナーや規則の普及は、未だかつて追いついていないようです。スマートフォンの使用による、様々な問題が日々、取りあげられています。WEBの世界においても、その自由度が、世界的な普及に貢献したと考えられていますが、WEB制作を行う側もユーザー側にも、WEBを使用する際のモラル的なマナーを、教育的機関での指導段階で身に付けていくべきではないかと私自身は考えています。もちろん家庭や自分自身の個々の問題として取りあげる人々も多くはいるようではありますが、すでに、社会的な規範を設けなくてはならないほどの規模やスピードでWEB制作が行われている現実社会があります。WEBサイトを利用するデバイス機器は、家庭や学校、ビジネスなどのあらゆる現場に持ち込まれ、そのサポート的な役割を担っています。WEB社会は、非現実的な社会性の中であっても、現実社会とつながっているのだというような認識やモラルが、あらゆる現場での、今後の重要な課題となってくのではないでしょうか?