WEB制作を行う際には、サイトレイアウトなどのデザイン製作も必要ですが、使用するサーバーなどの管理・運用についても考えなくてはなりません。WEB制作において使用するサーバーは、「WEBサーバー」と呼ばれ、様々なサーバーの種類がありますが、WEB制作の方向性などによって使い分けを行います。サーバーには、個人向けに適しているもの、企業向けとして適しているものなど、様々なランニングコストの違いや、専門知識の必要性など、特徴やメリットデメリットが大きく異なってきますので、WEB制作に携わりたいと考える人にとっては、必要な知識となります。レンタルサーバーを使用する事で、サーバーの管理や運用をプロ任せにしたり、代行してもらう事で、サーバー管理・運用は、全て丸投げする分野として捉える事も可能ですが、WEB制作を仕事として考えているような人々には、ある程度のおおまかなサーバーに関する知識は必要となるでしょう。使用するサーバーによって、定められた利用規約が大きく異なってきますので、契約を交わす以前に、利用規約に関する詳細な確認は重要です。