WEB制作の上で、イメージカラーを選択しておく事は、その印象を決める部分において大切な事です。「ブランドカラー」や「イメージカラー」と呼ばれる、オリジナルな配色は、皆さんが思っている以上に、ユーザーには、サイト自身への強い印象として残っているようです。その代表的な存在が「ロゴ」と呼ばれるものです。私自身は、「ブランドカラー」や「イメージカラー」、「ロゴ」などを意識して考えると、どうしてもコーヒーチェーン店の「ブランドカラー」「イメージカラー」「ロゴ」が、浮かんできます。街中で「珈琲が飲みたいなぁ」などと、喫茶店などを探してキョロキョロしてみると、各コーヒーチェーン店の「看板」や「ロゴ」が目に入ります。各コーヒーチェーン店の「看板」や「ロゴ」には、「ブランドカラー」「イメージカラー」が使用されているので、すぐに何処のチェーン店であるか、遠目から見ても気づく事ができます。そのような形で、私自身の記憶には、各珈琲チェーン店ごとに「看板」や「ロゴ」が記憶されているのですが、それよりもさらに、強い印象をもって「ブランドカラー」「イメージカラー」がインプットされているようなのです。「あのコーヒーチェーン店に行きたい!」と街中で思い立っつとしたならば、まずは、そのお店の「ブランドカラー」や「イメージカラー」を、街中の通り沿いや駅前に探すと、大抵、大都会においてはヒットする事がほとんどです。同じような事が、「コンビニエンスストア」を探す時にも言う事ができます。各コンビニチェーン店の「ブランドカラー」や「イメージカラー」は、大きく異なっているので、特定のコンビニを探したい時には、とても便利です。皆さんのWEB制作の中でも、色のもつ強い印象力を利用する事で、記憶に残るサイトづくりを目指してみて下さい。