プログラミング言語の種類

ホームページ作成の際に使われるプログラム言語について説明します。
ここでは、プログラム言語として代表的な「HTML」「CSS」「JavaScript」を紹介します。

まず、HTMLはホームページの「文書構造」を定義するためのプログラム言語です。
文書構造という言葉は聞きなれない方が多いと思いますが、簡単にいうと「どこに何がどんな順番で書いであるのか」ということです。本の目次をイメージするとよいでしょう。
HTMLは正確には、「HyperText Markup Language (ハイパーテキスト・マークアッ
プ ・ ランゲージ)」と言います。
この、HTMLでは、タグと呼ばれる構文を使って、ホームページの文書椛造を定義するとともに、具体的な文章や画像などをページに埋め込む記述をします 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です