ワイヤーフレームの実際

ワイヤーフレームを初めてみた人は、その簡素な見た目に驚くかもしれません。確かにワイヤーフレームは線と文字が中心の設計図であり、華やかなウェブ制作の設計図としては物足りないと感じることもあります。しかしプロはその「線」だけで豊かなイメージが可能な人たちです。裏を返せば、ワイヤーフレームを使いこなせない業者は避けた方が無難です。

クライアント側でも簡単なワイヤーフレームを作成し、それを見せて反応を確かめましょう。スキルに自信のない人は手書きでも構いません。さて、ここからはワイヤーフレームの具体的な制作方法について述べたいと思います。例として採用サイトの制作に資するワイヤーフレームの作り方を挙げます。

まずはサイトマップを作成することにします。ワイヤーフレームは個々のページの設計図であり、サイト全体の構成とは異なるものです。この全体構成こそ、サイトマップに他なりません。サイトマップには、サイトに必要な要素とそれらの配置、構成が分かるような情報を記述しなければなりません。

採用サイトであれば、代表者の挨拶のページが必要か否かといった選択から始める必要があるのです。もしサイトマップを作らずにいきなりワイヤーフレームを作成してしまうと、途中で新しいページを追加・削除することになれば、その度にワイヤーフレームを作り直さなければならなくなります。それは時間と労力の無駄ですから注意しましょう。

因みにサイトマップの作成方法にもひな型等がありますから、気になる人はそちらで学んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です