SEO的に評価されやすいカテゴリ設計

カテゴリ構造とURL階層が一致しているということが、ページの内容を理解しやすくなったり、管理もしやすくなるというメリットがあります。サイト内のカテゴリ構造とURL階層が一致しないものもあります。記事メディアやニュースサイトです。転職サイトも一致しません。こうしたサイトの場合は、ページを複数のカテゴリに紐付けするといった対応が必要となります。そのため、カテゴリ構造とURL階層を別に管理することになります。適切なカテゴライズをするということは、ユーザーや検索エンジン、サイトの管理者にとって分かりやすい構造をするために必要なことです。そして内容を想起しやすいURLでラベリングすることがとても大切です。カテゴリの設計では、適切な軸で分類すること、そして階層を作成するということが大切となります。これで漏れや重複がないようにするために、ロジックツリーと呼ばれるフレームワークを利用するということです。ロジックツリーというのは、上位概念から下位観念へと順番に分解していくというフレームワークのことです。このロジックツリーを使ってカテゴリ設計をすることで、抜け漏れや重複がない状態にすることができます。このことをMECEと呼びます。ページ内容がMECEに分類されていないければ、ユーザーと検索エンジンに、デメリットが生じてしまいます。ユーザーだったら、知りたい情報をそのサイトの中で知ることができないということですし、検索エンジンだったら、抜け漏れのあるキーワードで対策できないということになります。重複すると、ユーザーが情報を得るのに手間がかかってしまいます。検索エンジンは重複ページのせいで評価が分散してしまうということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です