WEB制作「HTML」のバージョン

WEB制作における「HTML」とは、いったいどのような存在であるのでしょうか?多くの資料には、「HTML」とは、「Hyper Text Markup Language」の略式名称であり、インターネット上で情報を共有したり、交換する為の、WEB制作を行う言語であるというような記述がみられます。「HTML」が言語であるという事は、英語やフランス語や中国語などを学ぶのと同じように、WEBを作成する為の言語を学ぶ必要があるという事になるようです。WEBの世界では、皆さんのコンピューターから発信される情報を、サーバーを経由する事で、世界的に発信できるような仕組みが取られています。皆さんのコンピューターには、様々な属性がありますが、それらの環境に依存しないような言語として、開発されたのが「HTML」と呼ばれる言語であるのです。ですから英語圏やフランス語圏や中国語圏などに住む、世界中の人々のコンピューター上で作成されたどのWEB制作も、情報のやりとりとして、一般的には共有する事が可能な形になっているのです。言語が、時代の流れとともに、人々の暮らしの中で変化を遂げるように、「HTML」もWEB制作の発展や進化の中で、バージョンアップが加えられています。ですから、実質上、英語圏やフランス語圏や中国語圏などの世界中に住む人々のコンピューター上で、使用される事は可能ですが、使用する「HTML」のバージョンによって、その言語の書き込み方が異なってくる事を理解しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です