WEB制作と物づくり

WEB制作において、「HTML」について語られている資料は、豊富にありますが、WEB運営における関係者でない限り、そのしくみや詳細についてなどの知識を蓄える事で、何か得になる事があるのかと言われるとなんとも言えないばかりであります。「HTML」について知る事が得になる情報かどうかは、さておきWEB制作がどのような骨組みで行われているのかどうかといった内容などは、多くの人々の興味のもたれる事柄だと思われますので、WEB制作に関する事を、少しばかりお話していきましょう。現代社会において、WEBサイトによる情報の交換や、そのやりとりは、非常に便利性が高く、簡易的であるといった操作方法からも、皆さんの日常の生活にはなくてはならないものとなりつつあります。WEB制作は、専門性の高い知識とともに作成されてはいるのですが、最近では、そのような知識をもたなくとも、簡単に個人的なWEBサイトづくりが可能な時代へと変化しつつあります。ですが簡単にWEB制作でできるようになったからといっても、その骨組みやしくみを理解している人と、そうでない人において差があるかと言われると、何も言えなくなってしまうのが現状です。簡易ソフトを使用するだけでお手軽にWEB制作ができるような時代に、WEB制作についての専門的な知識が必要かどうかは、皆さんがその知識を重要かどうか感ずるところにあると思われるからです。街ゆく人が手にしている文庫本や雑誌の製作手順を1から説明できますか?と質問したところで、自分たちの身の回りにあるからといって、日用品の物づくりに関する作成方法を1から説明できるような人々は少ないですよね?皆さんが、朝食やランチなどでよくみかける、サラダのトマトは、どのように作られますか?かぼちゃやスイカも同様です。畑で農作物を作る知識がある人もいれば、そうでもない人がいますよね?そのような事と同じように、WEB制作も専門家やプロたちは、作成の手順を1から説明する事ができるかもしれませんが、実際に使用している人々は、物づくりに関する知識などは蓄えていないのが現状であります。さらに、物づくりの中で、流れ作業的な分担が行われていくと、物づくりの1から作業手順をわきまえている人物という人は、いつの時代もごくわずかであるのかもしれないと考えています。WEB制作の中でも、多くの場合は、その作業分担が行われ、皆、得意分野の中でWEB制作に関わっているという状況がほとんどのようです。皆さんが、WEBの知識をもたずとも、WEB制作を簡単に行えるような、簡易手的なソフトは、実際は、ほとんどのWEB制作における土台を、作り終えたところに、皆さんが、書き込みたい文書や写真を投入しているだけですので、1人でWEB制作を行った!というような感想を抱いたとしても、実際は多くの手助けや手が加わった事で、成し得た物づくりの完成形であるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です