WEBサイトは制作が完成してからも、運営するだけでお金が掛かります。制作を業者に依頼する時、運営方法について問われるかもしれません。安全に、且つコストをおさえて運営するためにも、運営に関する料金体系について予め勉強しておくことが望ましいでしょう。ここでは簡単にご説明したいと思います。自社のサイトを持つ上で必ず必要になるのがサーバーです。自前のものを用意できなければ、レンタルするしかありません。格納できるデータ量にもよりますが、月額数千円を見込めば十分でしょう。ユーザーが閲覧した時に間違いなく情報を提供できるように、サーバーの管理を疎かにしてはいけません。レンタルする場合は信頼できる業者に依頼するようにしましょう。必要なのはサーバーだけではありません。WEBサイトには必ずドメインが付されますが、このドメインを使用するのにもお金が掛かります。こちらは年間数千円程度と見積もることができます。ドットコム、ドットネットなどが代表的なドメインですが、希望すれば他のドメインも選択肢として提示してくれるでしょう。また、サイトは常に更新しなければユーザーに評価してもらえませんが、その更新も無料ではありません。特にページ数を増やす場合、機能、コンテンツを追加するのに相応の費用が発生します。外注すれば人件費もかかるため、月額1万円前後を用意するのが通例です。もちろんワードプレス等を使えば自社で更新できますが、知識、経験を必要とします。それから運営費用の見積もりで抜け落ちやすいのが、マーケティング費用です。どんなに優れたWEBサイトであっても、ユーザーの目に留まらなければ意味がありません。具体的には検索結果の上位に表示させることが課題となるのですが、その解決法としてのSEOにもお金が掛かります。